• HOME
  • 相続の基礎知識

相続の基礎知識

 
人が亡くなれば、必ず発生するのが相続であり、避けては通れないものです。
相続は複雑な手続きが多く、その対応を誤りますと、場合によっては大きく損をしてしまう場合がございます。

ここでは相続の基礎知識をご説明いたします。
 

相続が発生したら


人が亡くなれば、必ず「相続」が発生します。
相続には複雑な手続きが多く、間違った手続きをすること、あるいは適正な手続きをしないことで、場合によっては大きく損をしてしまう場合がございます。
複雑で困難な手続きは是非とも専門家へお任せ下さい。


法定相続と相続人


被相続人(お亡くなりになった方)が生前に遺言をしていなかった場合、民法では、誰が相続人となるのか(法定相続人)を規定していますが、さらに各相続人が受け継ぐ財産の割合(法定相続分)についても規定しています。

この、民法のルールに従った相続を『法定相続』と呼びます。


遺産の分類と相続方法


遺産や相続財産とは、亡くなった方が残した「権利と義務」のことをいいます。
つまり、遺産には、不動産や金融資産といった、プラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も含まれるということです。


相続手続に必要なもの

相続には複数の書類が必要です。不足している書類がないか確認しましょう。

「相続の基礎知識」の詳しいコンテンツはこちら

ImgTop10.jpg   



ImgTop14.jpg