法定相続と相続人

相続が発生し、被相続人が遺言書を作っていなかった場合、
一般的には、法律で定められた相続分に従う「法定相続」か、あるいは相続人全員で話し合って
遺産の分け方を決める「遺産分割」により相続の手続を選択することになります

これを「法定相続」と呼びます。
(遺言書がある場合は、遺言書の内容が優先します。)

相続の順位や割合は、以下のように決まっています。


法定相続人の順位ならびに割合

法定相続の順位割合はならびに以下のように決められています。

 順 位  法定相続人 割合 
子と配偶者  子=1/2
配偶者=1/2 
直系尊属と配偶者 直系尊属=1/3
配偶者=2/3
兄弟姉妹と配偶者 兄弟姉妹=1/4
配偶者=3/4

■配偶者は常に相続人となります。
■直系尊属は、子がいない場合の相続人となります。
■兄弟姉妹は、子と直系尊属がいない場合の相続人となります。


相続人調査

相続人は大きな財産を手にすることもありますので、今まで会ったこともないような相続人が
突然現れたり、本来ない権利を主張する人が現れることも少なくありません。

正しい手順で、相続人を調査する必要があります。
正しい手順は、以下のとおりです。

1) 亡くなった方の「戸籍謄本」「除籍謄本」「改製原戸籍」等(以下「戸籍関係書類」といいます。)を出生から死亡まで全て取得します。 
2) 通常、この段階で両親と子供、配偶者が確認できます。 
3) 子供(代襲者を含む)がいない場合は、両親を初めとする直系尊属が相続人になりますので、 必要に応じて戸籍関係書類を取得します。 
4) 直系尊属が全員亡くなっている場合は、兄弟の戸籍関係書類も取り寄せて調査します。 

相続調査でよく発生するのは、相続人の人数が当初の想定より遥かに多かったり、
聞いたこともない名前が出てくるといったケースです。

このように相続人調査が正確でなかった場合、後から本来の相続人が出て来て、
相続権の回復を請求され、全てやり直しになる可能性があります。
こじれると訴訟に繋がることも考えられます。

相続人は全国各地にお住まいの場合も多く、場合によっては海外にいらっしゃることも
考えられます。
相続が発生した直後に相続人を確定するための全ての相続人の戸籍関係書類を集める作業も、かなりの負担です。

特に、兄弟姉妹が相続人となる場合や、代襲相続となる場合は、必要な戸籍が数十通にのぼることも珍しくはありません。また、最近は戸籍の不正利用等が問題となっており、第三者が戸籍を請求する場合は、必要となる理由を説明しなければなりませんが、遠い親族の場合は関係を説明するのも大変です。




「相続の基礎知識」の詳しいコンテンツはこちら

ImgTop10.jpg   



ImgTop14.jpg