生命保険の受け取り

 

生命保険金については、その受取人がどのように指定されているのかで分けて考える必要があります。

以下のケースを参考にしてください。

ケース(1)相続人以外の特定の者が保険金の受取人として指定されているケース

⇒保険金は受取人の固有の権利として取得するので相続財産には含まれません。

ケース(2)保険金の受取人が「相続人の誰か」として指定されているケース

⇒被相続人が「相続人の誰か」を受取人に指定していた場合は、生命保険金請求権は受取人に指定された者の固有の権利ですから相続財産に含まれません。但し、受取額が高額になる場合には、特別受益の扱いになる可能性もあります。

ケース(3)保険金の受取人が被相続人(死亡)自身とされているケース

⇒入院保険金など、被相続人自身が受取人となる保険金については、被相続人の死亡により、相続人は保険金請求権を取得します。この請求権は被相続人の相続財産に含まれ、相続人が他の相続財産としてあわせて相続します。

 

生命保険金を請求する際に必要な書類

生命保険金を請求する際に必要な書類は、一般的には以下のとおりです。

■ 保険証券

■ 死亡診断書または死体検案書

■ 被保険者の住民票・戸籍(または除籍)謄本

■ 保険金受取人の戸籍謄本

■ 保険金受取人の印鑑証明書

また、次のようなケースでは、上記に加え以下の書類が必要となります。

受取人が「相続人」と指定された生命保険金の場合

代表者選任通知書(保険会社所定の書式)


被相続人の不慮の事故による死亡保険金の場合

災害事故証明書兼交通事故状況届出書(保険会社所定の書式)

交通事故証明書(安全運転センター)

受傷事情書(警察署)


指定受取人が既に死亡している場合

■ 死亡した指定保険金受取人の戸籍(または除籍)

■ 代表者選任通知書(保険会社所定の書式)

※必要書類は各保険会社によって異なる場合がありますので、保険会社に事前に確認しておきましょう。


相続に関わる手続きに関して詳しくはこちら

    ImgTop10.jpgのサムネール画像  



ImgTop14.jpg