株券の名義変更手続き

相続人が相続する財産の中に株式があれば、不動産の名義変更と同じように、名義を変更する必要があります。株式の名義変更は、被相続人名義の株式が上場している株式か非上場の株式かによって手続きが異なります。


上場株式の名義変更の手続き


上場している株式は、証券取引所を通じて取引されていますので、証券会社が介入しています。ですから、証券会社と相続する株式を発行している株式会社の両方で手続きをすることになります。

(1)証券会社との手続き

証券会社は、顧客ごとに取引口座というものを開設していますので、取引口座の名義変更手続きを行うことになりますので、基本的に提出する書類等は銀行口座の場合と同様ですが、銀行に比べて証券会社所定の書式での届出書類が多い場合がありますので、各証券会社に確認する必要があります。

(2)株式を発行している株式会社との手続き

株主名簿の名義書換手続をすることになります。通常、この手続きに関しては取引のある証券会社が代行して手配してくれます。その際、相続人は「相続人全員の同意書」(名義書換を代行している信託銀行所定の用紙)を用意します。

(3)非上場株式の名義変更手続き

非上場会社の株式の名義変更はそれぞれ会社によって行う手続きが異なりますので、発行した株式会社に直接問い合わせるのが確実です。



相続に関わる手続きに関して詳しくはこちら

    ImgTop10.jpgのサムネール画像  



ImgTop14.jpg