不動産の境界問題

 

相続では、相続財産である不動産の境界が原因でトラブルになることがあります。公図や登記上では、しっかりと境界があったとしても、実際に現地を見てみると、土地と土地の境界が全く違うこともあります。

隣の不動産が侵食していたり、置石が崩れていて境界がはっきりしないなどの場合がありますから注意が必要です。

境界がはっきりしない場合の対処法

そんなときは以下のような方法で解決できます。

■ 土地家屋調査士に相談する

■ 法務局に境界確定の申請を行う。

■ 境界確定委員が資料を集め、現地を測量し、公正妥当な位置を決めます。

■ 境界確定委員は法務局から任命された土地家屋調査士等が務めます。

■ 裁判外の調停を各県単位の土地家屋調査士会で設置しているところも増えてきています。

いずれにしても、境界問題で困ったことが生じた場合は、相続の専門家に相談して公正な立場で判断してもらいましょう。

「相続時の不動産問題」の詳しいコンテンツはこちら

ImgTop10.jpgのサムネール画像          



ImgTop14.jpg