限定承認と単純承認

 

相続財産を一言に「引き継ぐ」と言っても、引き継ぐ方法には2種類あります。相続財産を限定承認する方法と単純承認する方法です。


単純承認とは

単純承認とは、相続財産と債務を無条件・無制限に全て引き継ぐ方法です。相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内(熟慮期間とも言います。)に限定承認の手続きをとらない場合、自動的に単純承認となります。

また、この他に下記の場合には単純承認したことになります。

■ 相続人が、相続財産の全部又は一部を処分したとき

■ 相続人が相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に限定承認又は放棄をしなかったとき

■ 相続人が、限定承認又は放棄をした後でも、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私的にこれを消費し、又は悪意でこれを財産目録に記載しなかったとき

これらの場合は、相続する意思がたとえなかったとしても、自動的に単純承認になりますので注意しましょう。


限定承認とは

限定承認とは、債務のうち相続財産を超える部分の弁済義務を引き継がない方法です。プラスの財産とマイナスの財産があった場合に相続財産の範囲内で債務を弁済し、もし財産が残ったらそれを相続するという方法です。

限定承認をする場合は、相続人全員が共同して行うことが必要で、相続の開始を知った時から3ヶ月以内に財産目録を作成し、限定承認の家事審判申述書を家庭裁判所に提出します。


3ヶ月という短い期間では、資産と債務のどちらが多いのかはっきりせず、相続放棄すべきかどうか判断がつかないこともありますので、そのような場合には限定承認が有効なこともあります。しかしながら、実際には、限定承認の手続きは非常に煩雑で、残余財産が確定するまでには、債権者に対する催告や公告、財産の競売、弁済などの一連の清算手続をしなければならず、専門家の支援も必要となります。

いずれにしても、相続が発生した早い段階から、相続人の相続財産を調査して、相続しても良いものなのか判断することが重要です。


相続放棄と限定承認に関して詳しくはこちら

    ImgTop10.jpgのサムネール画像  




ImgTop14.jpg