借金を相続しない「相続放棄」をお考えの方へ


こちらのページをご覧になっている方は、相続放棄について、「放棄できるかどうか」が不安で不安で仕方ないと思います。でもご安心ください!
  

相続放棄の手続は、相続の開始を知った時から3ヶ月以内にしなければならないとされています。
では、被相続人が亡くなってから3ヶ月以上経ってから借金があることが分かった場合でも、相続放棄をすることはできないのでしょうか?

3ヶ月以上経っていれば、原則として相続放棄はできませんが、債権者からの請求がきて初めて借金の存在を知ったような場合にも、相続放棄ができないとすると、相続人にとっては非常に酷です。
このような場合、3ヶ月以上経っていても、相続放棄をすることはできます。
しかし、「3ヶ月以上経っていて相続放棄はできないので、支払うしかありません。支払うことができないのであれば、破産手続をとりましょう。」といったアドバイスをされる場合も少なくありません。
もちろん一定の要件がありますので、全ての場合に相続放棄が認められるわけではありません。しかし、認められるだけの事情が十分にあるにもかかわらず、自分で手続をしたり、知識や経験が十分でない専門家に依頼してしまったために、家庭裁判所にその事情が上手く伝えられず、その結果、相続放棄が認められなかったということもあります。

相続放棄の手続は1回しかできません。認められなかったからといって、手続をしなおすことはできないのです。したがって、特に3ヶ月の期限を過ぎてしまっているようなケースでは、より慎重に手続を進めていく必要があります。

なお、債権者からの請求に応じて、自分の財産や相続財産で一部を返済してしまったりすると手続が困難になります。
当事務所は、3ヶ月以上経過している相続放棄手続についても多くの経験がありますので、債権者から請求が来たら、そのまま何もしない状態で、一刻も早く当事務所へご相談下さい。


相談事例


【相談内容】

父が1年前に亡くなり、母もすでに他界しています。相続人は子供が3人(私と兄と妹)です。父にはこれといって資産も借金もないと思っていました。
父が亡くなってから1年くらいたったある日のこと、銀行から私宛に内容証明郵便が届きました。
その内容は、兄の住宅ローンの支払が滞っていて、その連帯保証人に父がなっていたので、相続人である私たちに支払えというものでした。
住宅ローンの残債はおよそ1000万円でした。
相続放棄という手続きも考え、他の専門家に相談したところ、父が亡くなった日から1年以上が経っており、父の葬儀にも出ていて亡くなったことも知っているので、相続放棄の期限である3ヶ月を過ぎている以上、相続放棄は無理だといわれました。
やはり、支払っていくしかないのでしょうか?
支払うことができない場合は、自己破産をしなければならないのでしょうか?

【相談への対応】

相続放棄は、相続が開始したことを知った時(父が亡くなったことを知った時)から3ヶ月以内に家庭裁判所に申述しなければなりませんが、既に1年以上が経過していますので、相続放棄をすることはできないのが原則です。
しかし、今回のケースでは、
父が亡くなった時点では、兄の住宅ローンの連帯保証人に父がなっているとは思わなかった
それを知ったのは、銀行から内容証明が届いた日である
ことから、届いた日から3ヶ月以内であれば、相続放棄ができる可能性があります。
家庭裁判所に上記①②の事情について説明した申述書を作成して提出し、家庭裁判所からの照会書への回答を経て、無事に相続放棄が受理され、相続放棄受理通知書が送られてきました。
その後、相続放棄が認められたことを証明する相続放棄申述受理証明書を取得し、債権者である銀行へ相続放棄をしたことを通知しました。
この結果、自己破産することもなく、1000万円の借金も放棄することができました。


次順位の相続人の相続放棄


自分の相続放棄が受理されたら一安心で、それでおしまいというわけではありません。
ひとつ間違えれば、親族間の信頼関係を大きく損ねることになります。
なぜなら、第1順位(子)の相続人が全員相続放棄をすると、次の順位の相続人が借金を相続することとなるからです。
したがって、第2順位、第3順位の相続人も順次相続放棄手続を行う必要があります。
その期限は前順位の相続人が相続放棄をしたことを知った時から3ヶ月以内となりますので、なるべく相続放棄が受理された日から3ヶ月以内にすべきです。
したがって、自分の相続放棄が受理されたらそれでおしまいではなく、次順位の相続人に対して相続財産(借金)の内容と相続放棄をしたことを連絡してあげるのが親切です。

当事務所では、第1順位から第3順位までの全員の相続放棄手続をさせていただくことも可能です。その場合は、相続放棄の申述書に記載する事情や添付書類等も共通のものが多いこともあり、別の事務所に依頼されるよりもスムーズに手続を進めることができます。


相続人全員が相続放棄をして相続人が誰もいなくなった場合


相続人全員が相続放棄をしたとしても、不動産がある場合などは、そのまま放っておくわけにはいきません。なぜなら、空家のまま放置することは、建物や庭が荒れたり、火災の危険等も生じ、近隣の迷惑になります。
担保権者がいるような場合は、債権回収の一環として、担保権者が利害関係人として、その不動産等の相続財産を管理する人(相続財産管理人)を選任してくれますが、そうでない場合は、最後に当該不動産等を管理をしていた相続人が責任を持って対応しなければなりません。

当事務所では、相続人がいなくなった場合の後の手続(※)についても対応させていただきますので、是非ご相談下さい。
(※)相続財産管理人選任の申立て
   相続財産管理人への就任
特別縁故者に対する財産分与の申立て など

相続放棄と限定承認に関して詳しくはこちら

    ImgTop10.jpgのサムネール画像  




ImgTop14.jpg