死後事務委任契約

 

任意後見契約を締結した場合でも、財産管理の計算、引き渡し事務などは死後の事務として任意後見人が行いますが、葬儀、埋葬、死亡届等の諸手続、医療費や施設入所費用等の精算、その他の事務については任意後見事務の範囲外ですので、これらについても併せて依頼する場合は、任意後見契約とともに死後事務委任契約を締結する必要があります。


死後事務委任契約における委任事務

■ 菩提寺・親族等関係者への連絡事務

■ 通夜、告別式、火葬、納骨、埋葬、永代供養に関する事務

■ 医療費、老人ホーム等の施設利用料その他一切の債務弁済事務

■ 家財道具や生活用品の処分に関する事務

■ 行政官庁等への諸届け事務

■ 別途締結した「継続的見守り契約および財産管理等委任契約」における委任事務や別途締結した「任意後見契約」における後見事務の未処理事務

■ 相続財産管理人の選任申立手続

■ 以上の各事務に関する費用の支払い


任意後見契約を締結される場合は、見守り契約、任意代理契約(財産管理等委任契約)、死後事務委任契約、公正証書遺言も併せて検討されることをお勧めします。


「後見」の詳しいコンテンツはこちら

   ImgTop10.jpgのサムネール画像  



ImgTop14.jpg