生前贈与 失敗事例

失敗事例1

私の兄の洋介は妻子と長年別居しており、近所に住む姉の雅子と私が洋介の生活の面倒をみていましたので、妻子には相続させず、雅子と私に遺産を相続させたいと生前話していました。
しかし、洋介は遺言を残すことなく、他界してしまいました。そして、遺言がないばっかりに、私と雅子は洋介の遺産を相続することなく、洋介が財産を渡したくないと考えていた妻子に全ての遺産が渡ってしまいました。
相続手続が終わったあとで専門家に話を聞くと、「妻子には遺留分があるので、遺産を全く渡さないことはできないが、遺言で『雅子と私に遺贈する』旨を記しておけば遺産を相続することができました。」と話してくれました。
この話を聞き、相続して欲しい人に相続させられず、相続させたくない人に財産が渡ってしまい、洋介が可哀そうでなりません。
私は、洋介に遺言を書くように言わなかったことを心から後悔しています。
 
 

失敗事例2

生前贈与される財産の配分に不公平さを感じています。私は2人兄弟の弟にあたり、兄は12歳上になります。

両親は、父が亡くなり、母は健在です。
母の死後に兄弟で遺産相続でもめないように、母は生前贈与を行ってきたてきたのですが、事実上兄が取り仕切っているため、私への配分が極端に少ないと感じています。
また、母は兄と同居していることもあり、兄の言いなりです。
兄は私に4分の1しか財産を渡さないと言い出しており、母もこれに納得しており、私の意見は全く聞き入れてもらえません。
そのため、今は、兄と母とはまともに会話もできず、顔も見たくない状況です。

 

「生前贈与」の詳しいコンテンツはこちら

  ImgTop10.jpgのサムネール画像  



ImgTop14.jpg